サイドメニューtop以外

Artisocで始める歩行者エージェントシミュレーション

[か]兼田敏之


4,410円

  • ISBN978-4-904701-17-1 C3030


シリーズ「人工社会の可能性」03。
現実の歩行者の動きを模した歩行者エージェント を構築し,その集積である群集流というマクロ現象をシミュレーションする「歩行者エージェント・ シミュレーション」が、理論面、実践面で多くの注目を集めている。大きな災禍を 招く群集事故のリスク評価・防止策の検討、火災などの非常時に備える避難計画の作成 、さらには快適で「賑わい」のある歩行空間のデザインなど、実用面での期待はふく らんでいる。一方、理論面では複雑系科学の進展に対する大きな貢献が待たれている。 本書は、1990年代以降成立した人工社会パラダイムのもと、ユーザ・フレンドリーな シミュレーションプラットフォームartisocを用いてのモデル事例、その課題をわかりやすく 説き、読者を歩行者エージェント・シミュレーションの豊かな世界へ招待する試みである。

兼田敏之代表編者 (株)構造計画研究所創造工学部 +名古屋工業大学兼田研究室
発行 構造計画研究所
A5判上製カバー装 210頁。CDーROM付


著者略歴

兼田敏之(かねだ としゆき)
1960年 生まれ
1983年 東京工業大学工学部卒業
1988年 同大学博士課程修了
1991年 現在、名古屋工業大学大学院工学研究科教授
専門は,社会工学、都市計画、社会シュミレーション

主な著書
『社会デザインのシュミレーション&ゲーミング』,他。


販売情報・他

現在、販売情報なし。





この書籍は2010年04月16日(金)に発売されました。

Copyright (C) 2003-2006 Zen Cart Powered by zen-cart.com / zen-cart.jp
  

(C)2009 Shosekikobo Hayama Publishing Co.,Ltd. All rights reserved.